ステテコの『食べてばかりの一人旅 中部編』

どーもー。『これもく』の黄色担当のステテコです。前回に引き続き今回もステテコが以前に一人旅で訪れた城郭や観光スポット、その土地で食べた美味しいものについてお話していきたいと思います。拙い文章ですが、少しの間お時間お付き合いいただければと思います。

 前回は『食べてばかりの一人旅 甲信越編』ということでお話しさせていただきました。今回は『一部を除いた中部地方』を訪れた際のお話をさせていただけたらと思います。

 この中部地方は歴史的に重要な場所が多く、戦国時代の三英傑として有名な【織田信長、豊臣秀吉、徳川家康】の3人は共にこの中部地方出身であり、天下分け目の戦いがあった【関ケ原】も岐阜県にありますよね。愛知県には金のしゃちほこが有名な【名古屋城】や現存天守の中で最も古い、国宝指定されている【犬山城】。石川県には日本3名園のひとつ【兼六園】があります。私が訪れたのは晩秋のころだったのですが、冬支度のために園内の樹木を守るために行われる【雪吊り】の作業の真っ最中でした。富山県にある【相倉合掌造り集落】。ここも良かったです。合掌造りだとお隣岐阜県の【白川郷】が有名ですが、こちらは規模こそ小さいですが、そのため穴場で、本当にタイムスリップしたかのような感覚が味わえると思いますよ。おすすめです。

 中部地方での美味しい食べ物のお話。私は【名古屋めし】が大好きなんです。一時期は一人旅に出るとどこかで名古屋に寄るようにして夕食なりを食べていたくらい好きなんです。【手羽先】はビールとの相性が抜群で、旅の疲れを取るために、居酒屋に入りビールと手羽先。これだけで歩き回ってパンパンになった脚の疲れがどこかに消えてしまいます。【味噌カツ】もあの濃い味噌がかかったとんかつ、最高です。他にも【台湾ラーメン】や【小倉トースト】、訪れるたびに「住みたい!名古屋に。」と思ってました。富山で食べた【富山ブラックラーメン】も美味しかったです。見た目・味共にインパクト抜群。最初は少ししょっぱかったですが、食べていくとやみつきになります。富山の道の駅で食べた【白エビバーガー】もとても香ばしく美味でした。静岡県の【浜松餃子】も美味しく、短時間に3軒はしごして、食べ過ぎておなかが痛くなったのは今となっては良い思い出です。

 ということで今回はこの辺にしたいと思います。皆様も世の中が落ちつたらぜひ訪れてみてください。次回は『近畿地方』編を書きたいと思います。下手な文章でしたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。じゃまた。