しらすのゲーム語ろう会(ゼルダ編その③)

こんにちは!
これもくの"れ"担当の班長のしらすです。
前回、自分の中で1位、2位を争うくらいのやり込んだタイトルとして時空の章、大地の章というふしぎの木の実シリーズを紹介させていただきました。
そこで、気になった方はこう思ったかもしれません。"1位、2位を争うくらいやりこんだもうひとつのタイトルは何?!"っと。(そう思ってくれた方がいらっしゃったら嬉しい限り…。)
なので、今回は2回で収まらず、第3弾として【しらすのゲーム語ろう会(ゼルダ編その③)~果てなき冒険へ~】をお送りしたいと思います。

ゼルダの伝説といえば、2Dのトップビュー型(ゲームの世界を真上から見下ろした視点)であったり、3DCGのフィールドを三人称視点(プレイキャラクターの背後にカメラがある視点)で操作する3Dアクションがメインとなっています。

しかし、2017年にNintendo Switch及びWii Uで発売された『 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 』(略してブレワイ、BotWなど。私はブレワイ派。)はこれまでのゼルダシリーズを大きく変えていきました。これは個人的に本当に凄かった。驚きと共に感動でしたね。前回紹介したふしぎの木の実シリーズと1位、2位を争うくらいのやり込んだゼルダです。おそらくブレワイの方がやり込んだのではないでしょうか…。

このブレワイですが、今までのゼルダとはゲームシステムが大きく変わり、"オープンエアー"というジャンルになりました。
ゲームの内容自体はオープンワールドのゲーム(ひとつなぎの大きなフィールドを舞台として、プレイヤーが自由に動き回って探索や攻略ができるゲーム)なのですが、アートスタイルやゲームプレイ、音楽や雰囲気までもを表現するために作られたブレワイのための用語だと思っていただければと思います。(何が違うのかと言われると具体的に説明するのはなかなか難しいんですが、プレイしていただければその意味が分かると思います!ハイラルの大地の空気間まで感じるといいますか…。)

オープンエアーというくらいですので、もう本当に凄い。自由。本当に自由。
眠りのほこらで目が覚め、外に出た瞬間からもう自由なんです。
基本的にはメインチャレンジがあるのでそれを進めていけば自然とストーリーも進んでいくのですが、何からしてもいいし、何をしてもいいんです。
装備を整えず開幕からガノンの所へ突撃することもできますし(勝てるかどうかは別の話しですよ?笑)、メインを進めずにハイラルの大地を永遠と探索することもできますし、祠チャレンジをしてもいいし、装備を集めたり、料理をしたり、図鑑を埋めるのに精を出してもいいし…本当になんでも自由です。
私はハイラルの大地に降りてすぐにゼルダの世界のオープンワールドに感動し、スクリーンショットを撮りまくっていました。笑

他にも大きく変わったところはたくさんあって、個人的に一番大きかったのは武器などの装備が壊れることでしたね。
盾が壊れるということはありましたが、使っている内に武器が壊れるというのは今までのゼルダにはなかったので新鮮と共に少しストレスでもありました。笑(あのマスターソードですら、使い過ぎると壊れてしまいますからね。10分経つとまた使えるようにはなりますが。)
敵を倒したり、落ちているものを拾ったり、宝箱から武器を手に入れることができるのですが、最初なんて武器は木の枝とかでしたから、敵に倒されるなんてしょっちゅうでした。

ある程度慣れてくるまで完全に死にゲーと化していたのもいい思い出ですね。笑
とにかくすぐ死ぬ。高い所から落ちても死んでしまうし、その辺に歩いている強い敵にはやられるし、今までプレイしていたゼルダでこんなにやられたことがあったか?ってレベルで死にまくっていました。笑
しかも、ガーディアンとかいう敵がやたら強い!レーザを放ってくるんですが、これをただ単に防ぐだけでは盾が壊れるし、最初の弱い時に鉢合わせて1回でもダメージを食らえばほぼ死んでしまうし、最後の方まで苦戦させられました。

他にもいろいろありますが、システムが大きく変わって不便な点があったとしても個人的には傑作だと思っています。
ゼルダの葛藤も英傑たちの思い出も、ひとつひとつの物語にグッとくるものがありましたし、ファンとしてはこのゼルダができたので、Switchを買って本当によかったと思いましたね。
今までたくさんのゼルダ作品があって、名作と言われているものも多いですが、その名作たちを超えてここまでの物を作り上げてこれるのは本当に凄いと思っています。
だから、ゼルダの伝説が好きなのです!

さて!今回も長々と語ってしまいましたが、楽しんでいただけましたでしょうか?
やはり好きな物に関しては熱くなってしまいますね…。
このブログを見て少しでも興味が湧きましたら、ぜひ遊んでみてください!きっと後悔はさせない…と思います!
次回は別のゲームについて語っていこうと思いますので、よかったらまた見に来てください。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。
それではまた!