ステテコの『食べてばかりの一人旅 近畿編』(2)

どーもー。『これもく』の黄色担当のステテコです。前回に引き続き今回もステテコが以前に一人旅で訪れた城郭や観光スポット、その土地で食べた美味しいものについてお話していきたいと思います。拙い文章ですが、少しの間お時間お付き合いいただければと思います。

 前回は『食べてばかりの一人旅 近畿編(1)』ということでお話しさせていただきました。今回は前回の続きの『近畿地方(2)』ということでお話をさせていただけたらと思います。

 前回は大阪城、姫路城、二条城と城郭のお話をしましたので、今回は少し違う時代のスポットのお話をしてみたいと思います。まずは京都の【金閣寺】【銀閣寺】。両方とも室町時代に建立されたお寺で金閣寺は正式名称を【鹿苑寺】といい、銀閣寺は【東山慈照寺】といいます。金閣寺は名前の通りお寺の舎利殿という建物が金色に輝いていることから一般的に金閣寺と呼ばれるようになったそうです。私が訪れた時はちょうど雪が少し積もっていて、建物の金色と雪の白色のコントラストはとても美しく、思わず息をのんでしまうほどでした。対照的に銀閣寺は建物が銀色になっているということはなく、金閣と対にするということから銀閣寺と呼ばれるようになったそうです。金閣寺の華やかな美しさとは対称に「わびさび」を表したこの銀閣寺、とても趣があるお寺でした。

もう少し時代を戻し次は【清水寺】を。「清水の舞台~」で有名なお寺。結構修学旅行などで訪れた方も多いのではないでしょうか。本堂のひのきの舞台は絶壁に建てられていて迫力満点です。毎年年末に発表になる「今年の漢字」はこの清水寺で発表されます。

奈良に目を移すと【東大寺】。大きな大仏さまで有名なお寺ですね。その大仏さまも大きくて立派なのですが、その大仏さまが鎮座する大仏殿もとても立派な建物です。柱には大仏様の鼻の孔と同じ大きさの穴が開いていて、そこを通るとご利益があるということで、訪れた修学旅行生が列をなしていますね。。。その東大寺の周りに広がる【奈良公園】にはたくさんの鹿がいます。この鹿は野生の鹿で、見た目に反して怒ると怖いです。餌として売られている「鹿せんべい」ですが、せんべいを上げるのを焦らしたりするとどつかれますのでご注意ください。

そしてこの近畿地方で忘れてはいけないスポットは、、、。またこんな文字数になってしまいました。食べ物のお話も全然できていないのに。ということで近畿地方、もう一回やらせてください!最重要スポットも次回お話します。お楽しみに!

 ということで今回はこの辺にしたいと思います。皆様も世の中が落ちつたらぜひ訪れてみてください。次回は『近畿地方』編(3)を書きたいと思います。下手な文章でしたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。じゃまた。