ステテコの『食べてばかりの一人旅 中国編』

どーもー。『これもく』の黄色担当のステテコです。前回に引き続き今回もステテコが以前に一人旅で訪れた城郭や観光スポット、その土地で食べた美味しいものについてお話していきたいと思います。拙い文章ですが、少しの間お時間お付き合いいただければと思います。

 前回は『食べてばかりの一人旅 四国編』ということでお話しさせていただきました。今回は『中国地方』ということでお話をさせていただけたらと思います。

 中国地方はあまり機会に恵まれず城郭にはあまり行ったことがないんですよね。それよりも私が訪れたのは、広島の【平和記念館】と【原爆ドーム】です。歴史が好きな人間としてはここは目を背けることはできない場所だと思います。この場所はほかの城郭などを訪れる時とは全く気持ちが違うという感じです。展示物に圧倒され、大きなショックを受け、言葉が出ず、資料館を出ると脱力感、無力感で何とも言えない感情に襲われます。人間としての負の遺産を一気に見せられた感じになります。

ここを訪れると歴史を学ぶ理由がよくわかると思います。皆さんぜひ訪れてください。次は鳥取の【鳥取砂丘】です。面白いですよね、ここのロケーション。急に出てくる広大な砂場。ラクダがいて灼熱のアフリカのような景色。ただ少し目を移すと緑の山々が見えるという固定観念を壊されるような景色が見れます。

そして中国地方で大好きなのは島根の【足立美術館】です。名前の通り美術館としても、有名な横山大観の作品などが多く所蔵されていますが、何と言っても有名なのはその庭園の美しさでしょう。もう何年も連続で国内の美しい日本庭園ランキングでトップと取るような素晴らしい日本庭園がみどころです。美術館の建物の壁が額のように抜かれ、そこに映る景色さえ美術品になってしまうというような工夫もされています。そして見渡す限り電柱も電線も見当たりません。電柱や電線をひかれるのを防ぐために見える範囲の土地を買ってしまって景観を損ねるのを防いでいるとの話を聞いたことがあります。

そこまでしてのこの景色。時を忘れずっと鑑賞することができるそんな素晴らしいスポットです。山口の【錦帯橋】も良い景色が見れますよね。そして遠くには岩国城。先日バイクで錦帯橋に侵入して橋に傷をつけたなんてこともニュースになっていました。ほんとダメ、ゼッタイ。

 美味しい料理は広島の【お好み焼き】。大阪のそれとは似て非なるものです。何店舗かで頂きましたが、どこも美味しい。あのキャベツとそばがいい!あとは岡山の【津山ホルモンうどん】。いろいろなホルモンが入っていて歯ごたえが面白いですよね。つぎは同じ岡山の【ひるぜんやきそば】も食べてみたいです。

 今回は【中国編】ということでお話をさせていただきました。中国地方に関してはまだ訪れた回数が少ないので、【松江城】や【出雲大社】など行ってみたいスポットがたくさんありますので、ぜひまた訪れたいと思ってます。

 ということで今回はこの辺にしたいと思います。皆様も世の中が落ちつたらぜひ訪れてみてください。次回は『九州地方』編を書きたいと思います。下手な文章でしたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。じゃまた。