ステテコの『食べてばかりの一人旅 九州編』(3)

どーもー。『これもく』の黄色担当のステテコです。前回に引き続き今回もステテコが以前に一人旅で訪れた城郭や観光スポット、その土地で食べた美味しいものについてお話していきたいと思います。拙い文章ですが、少しの間お時間お付き合いいただければと思います。

 前回は『食べてばかりの一人旅 九州編(2)』ということでお話しさせていただきました。今回は『九州編(3)』ということでお話をさせていただけたらと思います。

 (2)では、今まで一人旅で訪れた場所の中でも特に印象が強かった【知覧特攻平和会館】についてお話をさせていただきました。今回は九州で頂いた美味しい食べ物についてお話をさせていただきます。

 まずは何と言っても福岡の「とんこつらーめん」になります。一人旅の中でも比較的早い段階で九州を訪れたのは、この本場のとんこつらーめんを食べてみたくて訪れたのを覚えています。私の地元によく行っていたとんこつらーめん屋さんがあったのですが、そこの大将が九州のとんこつらーめんについて話をしてくれたことがあり、その話を聞いて、いてもたってもいられずいくつかのお店を教えてもらって博多を訪れました。

「せっかく博多まで来たから多くのお店を回ってらーめんを食べよう!」と意気込んでお店を回ったのですが、まあ、本場のとんこつに返り討ちにあってしまいました。さすが本場!とんこつの濃厚さが自分の知っていたとんこつらーめんとはまるで違いました。少し離れた場所でもそれとわかるとんこつスープの香り、白濁したスープなど比較的食べやすいお店もあったのですが、お店によっては「替え玉」を頼むことができずお店を後にするという失態もありました。恐るべし本場!という思いで帰路に就いたのを覚えています。今となっては「まだまだだったな、自分」と懐かしく思います。

  ということで今回はこの辺にしたいと思います。次回も九州を訪れた時の美味しい食べ物についてお話したいと思います。皆様も世の中が落ちついたらぜひ訪れてみてください。下手な文章でしたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。じゃまた。