ステテコの『食べてばかりの一人旅 沖縄編』(2)

どーもー。『これもく』の黄色担当のステテコです。前回に引き続き今回もステテコが以前に一人旅で訪れた城郭や観光スポット、その土地で食べた美味しいものについてお話していきたいと思います。拙い文章ですが、少しの間お時間お付き合いいただければと思います。

 前回は『食べてばかりの一人旅 沖縄編(1)』ということでお話しさせていただきました。今回は『沖縄編(2)』ということでお話をさせていただけたらと思います。

 前回に引き続き今回も沖縄ということで、今回は【首里城】です。以前は琉球と呼ばれたこの地域は琉球文化と呼ばれる、ほかの地方とは違った文化が根付いています。この首里城も本州などにある城郭とはまた違った独特な城であり、どちらかというと中国の影響を強く反映した城郭とのことです。また、本州の城郭は敵から土地を守るということで防御的な意味合いを持つ構造物が主ですが、戦乱がなかった琉球では王族の住まいとしてや行政施設、外交の舞台としてこの首里城が使われていたそうです。この首里城も先の大戦や焼失により何度も被害を受けましたが、地元の方々の尽力で再建を成し遂げてきました。2年前にも大きな火災により大きな被害が出ましたが、今回も必ずあの美しい首里城が復元されると願っています。沖縄のシンボルでもあるこの首里城、また訪れたいと思っています。

  ということで今回はこの辺にしたいと思います。次回も沖縄を訪れた時のお話をしたいと思います。皆様も世の中が落ちついたらぜひ訪れてみてください。下手な文章でしたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。じゃまた。